« デジャヴを鑑賞 | トップページ | ALWAYS 続・三丁目の夕日を鑑賞 »

2007年8月17日 (金)

不都合な真実を鑑賞

今回は不都合な真実を鑑賞しましたのでご紹介します。

不都合な真実 スペシャル・コレクターズ・エディション

                                                

                                              

                                                

                                              

                                            

                                                      

不都合な真実

監督: デイビス・グッゲンハイム

キャスト:ル・ゴア

:2007年1月20日公開 

                                                   

STORY

二酸化炭素などの温室効果ガスが増えることで地球の気温が上がる「地球温暖化現象」。これにより海水面の上昇や異常気象、巨大ハリケーンの発生、生態系の変化といった事態が引き起こされている。このままいけば、植物や動物、そして人類は危機的な状況に陥ってしまうだろう。こうした地球温暖化問題に心痛めた元米副大統領のアル・ゴアは、環境問題に関するスライドを世界中で開催。人々の意識改革に乗り出していく。不都合な真実 - goo 映画

                                             

ランキング参加中です。ポチットご協力おねがいしますm(_ _)m

人気blogランキングへ←これにクリックお願いしますm(_ _)m

                                                  

評価・・・30点満点   25点・・・(銅賞)

ストーリー 10点  キャスト・・・5点 映像・音楽・・・10点

この作品はすべての人類に見てほしい映画です。

この映画はドキュメント形式になっている為、演技を見るとかではなくて、今実際に地球に起きている事実、今後はこうなってしまうであろうという事実をリアルに映像化しています。

私は、この映画を見ることでいま人類がどうすべきなのかを考えさせられました。

今の地球で起こっている地球温暖化問題。

この問題は絶対全世界で問題視するべきだし、何より一人一人の意識が大切なのがわかりました。

例えばグリーンランドの氷が解ければ海面が6m上昇すると言われたいましたが、

そうなれば私達住んでいる町が水没してしまうというのです。

きっと政府はそれを防ぐ為にたくさんお金をかけてそれを防ごうとするんじゃないかな?っておもいました。

そうなれば、当然私達の生活は税金の増税という形で被害をうけるんだろう・・・ってかんじたら、今からでもやれることはしないとダメだと感じさせられました。

確かにお金を儲けるのも生活の為には大切だと思いますが、何より地球が住むべき環境ではなくなってきてしまった場合、お金どころではないですしね・・・。

それに最近では、猛暑もつづいていますが、それも温暖化の影響だろうな・・・って感じたりもしてます。

この映画はぜひ皆さんに見てもらいたいと思った作品でした。

DVDはこちらから購入できます。

不都合な真実 スペシャル・コレクターズ・エディション DVD 不都合な真実 スペシャル・コレクターズ・エディション

販売元:パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
発売日:2007/07/06
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« デジャヴを鑑賞 | トップページ | ALWAYS 続・三丁目の夕日を鑑賞 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172366/7574149

この記事へのトラックバック一覧です: 不都合な真実を鑑賞:

» 司法関係者によると [月は]
犯罪の要因も指 期間限定 ラブリーボーダー [続きを読む]

受信: 2007年8月23日 (木) 01時38分

» が失敗 [を終]
が失敗 イスラム教 政治 [続きを読む]

受信: 2007年8月23日 (木) 01時40分

« デジャヴを鑑賞 | トップページ | ALWAYS 続・三丁目の夕日を鑑賞 »