« スキヤキウエスタン ジャンゴ【新作情報】 | トップページ | オーシャンズ13を鑑賞 »

2007年8月13日 (月)

墨攻(ぼっこう)を鑑賞

今回は墨攻を鑑賞しましたのでご紹介します。

Photo                                               

                                             

                                             

                                          

                                                

                                                            

                                                                                   

                                                         

墨攻(ぼっこう)

監督・脚本:ジェイコブ・チャン 原作・漫画:森秀樹 

原作・小説:酒見賢一/漫画脚本:久保田千太郎 

キャスト:アンディ・ラウ アン・ソンギ ワン・チーウェン ファン・ビンビン

                                                   

STORY

春秋戦国時代の中国に陥落寸前の城があった。そこへ墨家という非攻(専守防衛)の思想を広げるための集団の革離(かくり)という男が現れた。彼は知略のかぎりをつくしたった1人で10万人の敵軍を迎え撃つ。はたして彼は、民と城を救うことができるのか・・・?

                                                     

ブログランキングに参加中です

人気blogランキングへ←これにクリックお願いしますm(_ _)m

                                                      

評価・・・30点満点   24点・・・(銅賞)

ストーリー 8点  キャスト・・・7点 映像・音楽・・・9点  

この作品は墨家の生き方に共感できる作品でした。

この墨攻では梁国を救う為に現れた墨家の革離が梁国を救うというものですが、

この墨家の生き方が少し共感できるかな?ってかんじました。

基本的には見返りを求めずに、たとえ敵だった相手であろうと助けを求められれば助けるという考え方はなかなかできるものではなく、すばらしいのではないかとおもいました。

しかし、最初は革離を頼っていた梁国王もだんだん国をのっとられるのではないか?

という考えが浮かんでくるあたりから、

なんて、人間はダメな生き物なんだろう・・・って感じました。

まさに、恩を仇で返すあの行為は現代でも似たようなことがある気がして、なんだかムカムカしました。

しかしながら、絶体絶命のピンチを救っていく過程は純粋に楽しめました。

なかなかオススメです。

関連商品はこちらから↓

墨攻 DVD 墨攻

販売元:アミューズソフトエンタテインメント
発売日:2007/07/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« スキヤキウエスタン ジャンゴ【新作情報】 | トップページ | オーシャンズ13を鑑賞 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172366/7519286

この記事へのトラックバック一覧です: 墨攻(ぼっこう)を鑑賞:

« スキヤキウエスタン ジャンゴ【新作情報】 | トップページ | オーシャンズ13を鑑賞 »