« 武士の一分を鑑賞 | トップページ | ダイ・ハード4.0を鑑賞 »

2007年6月29日 (金)

守護神を鑑賞

先日レンタルスタートした守護神を鑑賞しましたのでご紹介します。

Photo_31

                                                             

                                                             

                                                           

                                                               

                                                              

                                                                                

                                           

                                         

監督アンドリュー・デイヴィス

キャスト:ケビン・コスナー アシュトン・カッチャー  ニール・マクドノー  メリッサ・サージミラー  クランシー・ブラウン

 

STORY

アメリカ沿岸救助隊に所属するレスキュー・スイマー、ベン・ランドール。数々の命を救った伝説的なスイマーだった彼だが、ある任務で相棒を目の前で失い、心に深い傷を負ってしまう。妻にも別れを告げられ、失意に沈むベン。そんな重い気持ちの彼は一時現場を離れ、レスキュー隊員を養成する学校・Aスクールに教官として赴任する事になった。そしてそこで元高校水泳チャンプの訓練生、ジェイク・フィッシャーと出会い…。守護神 - goo 映画より

                                               

ランキング参加中です。ポチットご協力おねがいしますm(_ _)m

人気blogランキングへ←これにクリックお願いしますm(_ _)m 

                                                           

                                                      

評価・・・(30点満点) 総合評価 20

ストーリー 6点  キャスト・・・7点 映像・音楽・・・7点

この作品を見ることで命の大切さを感じられました。

とりあえず、第一印象としては海猿?っていう感じがみなさんしたのではないでしょうか?

私は海猿はあまり見たいと思わないのでみておりませんが、きっと似ている感じなのでしょうかね。

それはさておき、作品の中身としては可も無く不可も無くっていう感じでしょうか。

いいとこもあればん~・・・って思うところもありますが、全体的には正統派の映画で感動はできると思います。

沿岸警備隊にあるための厳しい訓練をしている訓練生と教官であるケビン・コスナーとのやり取りはどこかで見たような光景な気がしましたが、なかなか悪くも無い感じでした。

そして、何より人を救助することの難しさと命の大切さ。

これが一番重要なポイントだったともいます。

人を助ける大変さもさることながら、助からないと、見捨てることも冷静に判断しなければならないという、厳しい状況。私には絶えられません・・・;;

どんだけ大変な仕事でしょうかと、見ていて感じました。

それにしても、ケビン・コスナー老けたなぁ・・・って感じたのは私だけでしょうか?w

                                  

関連商品はこちらから購入できます。

守護神 DVD 守護神

販売元:ブエナ ビスタ ホーム エンターテイメント
発売日:2007/06/20
Amazon.co.jpで詳細を確認する

守護神 (Blu-ray Disc) DVD 守護神 (Blu-ray Disc)

販売元:ブエナ ビスタ ホーム エンターテイメント
発売日:2007/06/20
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 武士の一分を鑑賞 | トップページ | ダイ・ハード4.0を鑑賞 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172366/6973700

この記事へのトラックバック一覧です: 守護神を鑑賞:

» 守護神 [映画や本を淡々と語る]
海猿のハリウッド版?アメリカの沿岸警備隊を舞台に、カリスマ的な実績を誇った元レスキュー・スイマーと、若き訓練生の関係をドラマチックに描くヒューマニズムドラマ。 [続きを読む]

受信: 2007年7月 3日 (火) 09時20分

« 武士の一分を鑑賞 | トップページ | ダイ・ハード4.0を鑑賞 »