« SAW3を鑑賞 | トップページ | 【新作情報】憑神 »

2007年3月19日 (月)

嫌われ松子の一生を鑑賞

嫌われ松子の一生を鑑賞しましたのでご紹介。

嫌われ松子の一生 通常版

                                                                                                                                                                                                                                                                                                       

                                                           

嫌われ松子の一生

監督:中島哲也

キャスト:中谷美紀  瑛太  伊勢谷友介  香川照之  市川実日子  ほか

 

STORY

昭和22年。福岡県でひとりの女の子が誕生した。お姫様のような人生を夢見る彼女の名は川尻松子。教師になり爽やかな同僚とイイ感じになるも、セクハラ教師のせいで辞職に追いやられる。ここから、松子の転落人生が坂を転がり落ちるがごとく、始まっていく。愛を求める松子の前にはさまざまな男が現れるが、彼女の選択はことごとく不幸へと繋がってしまうのだった。53歳、河川敷で死体となって発見された彼女の生涯を探る甥が見たものは?嫌われ松子の一生 - goo 映画より

                                                        

ランキング参加中です。ポチットご協力おねがいしますm(_ _)m

人気blogランキングへ←これにクリックお願いしますm(_ _)m 

                                                           

                                                      

評価・・・(30点満点) 総合評価 22点・・・(銅賞)

ストーリー 8点  キャスト・・・8点 映像・音楽・・・6点

この作品は家族や、友人との人とのつながりの大切さを教えてくれた作品でした。

この作品の原作は山田宗樹の小説「嫌われ松子の一生」。

ですが原作はこの作品よりもずっと暗い作品とのことですが、この作品ではずっと明るく見やすい内容に仕上がっていました。

出演者もたくさんの方が出演しており、見ていて飽きさがありませんでした。

なにより、クールなイメージの女優。中谷美紀がここまでの演技をしているのに驚きとともに新鮮でした。

そして作品中の。「人になにをされたのかではなくて、自分がなにをしてあげたか。」という松子の言葉・・・。

いくら自分がどんな目にあっていてもすかれたければ相手を好きになって生きていく。っていう風に私は感じました。

私は松子ほど、ひどい生活ではないし、フィクションであるから当然ですが、

この作品を見た後だと、自分はいかに回りに好かれているか、充実した生活をしているか。というのを感じました。

話題になっただけあってなかなか面白かったです。

                                

関連商品はこちらから購入できます。

嫌われ松子の一生 通常版 DVD 嫌われ松子の一生 通常版

販売元:アミューズソフトエンタテインメント
発売日:2006/11/17
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« SAW3を鑑賞 | トップページ | 【新作情報】憑神 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172366/5732895

この記事へのトラックバック一覧です: 嫌われ松子の一生を鑑賞:

» 最優秀女優賞に中谷美紀さん アジア・フィルム・アワード [芸能ニュース]
アジア映画の振興を目的に創設された第1回「アジア・フィルム・アワード」の授賞式が20日夜、香港で行われ、最優秀女優賞に「嫌われ松子の一生」に主演した中谷美紀さんが選ばれた。 最優秀作品賞は韓国映画「グエムル���漢江(ハンガン)の怪物���」、最優秀男優賞は同作品の韓国人俳優ソン・ガンホさんが受賞。最優秀監督賞には中国人映画監督の賈樟柯氏が選ばれた。 アジア・フィルム・アワードは日中韓や香港、イ... [続きを読む]

受信: 2007年3月21日 (水) 23時31分

« SAW3を鑑賞 | トップページ | 【新作情報】憑神 »