« 【新作情報】東京タワー オカンとボクと、時々、オトン | トップページ | 【新作情報】デジャヴ »

2007年3月13日 (火)

【新作情報】主人公は僕だった

今回はのウィル・フェレル主演の最新作をご紹介します。

Photo_62                                                                                                                                                                                                                                                                                                       

                                          

                                            

                                           

                                          

                                          

                                        

                                                        

主人公は僕だった                                                        

監督:マーク・フォスター                                            

キャスト:ウィル・フェレル  エマ・トンプソン  マギー・ギレンホール  ダスティン・ホフマン  クイーン・ラティファ

公開:2007年5月19日

STORY

国税局に勤めるハロルド・クリック。毎朝同じ時間に目覚め、同じ回数歯を磨き、同じ歩数でバス停まで行き、会計検査官の仕事をこなして、毎晩同じ時間に眠る。そんな毎日を送っていたハロルドに、突然、彼の行動を正確に描写する女性のナレーションが聞こえてくる。声の主は、悲劇作家カレン・アイフル。最高傑作の完成を目の前にした彼女が、ラストでいかにして死なせようかを悩んでいる主人公こそ、ハロルドだったのだ……。主人公は僕だった - goo 映画より

ランキング参加中です。ポチットご協力おねがいしますm(_ _)m

人気blogランキングへ←これにクリックお願いしますm(_ _)m                                                         

                                                 

評価(未鑑賞)

この作品の主人公ハロルドを演じるのは、ウィル・フェレル。ハロルドの“人生の作者”カレンに扮するのは、エマ・トンプソン。監督は、ハル・ベリーのオスカー獲得も話題を呼んだ『チョコレート』、アカデミー賞7部門にノミネートされた『ネバーランド』のマーク・フォスター。ですが、正直誰もしりません・・・笑

しかし、ストーリーは好きなほうかな?って思います。突然女性の声が聞こえてきて、自分が死ぬっていわれたら・・・。

いろいろなことをするとか言ってきた犯人を捜すとかっていう選択肢がでるかとおもいます。この作品はそんな考えを形に表している感じがしました。

自分だったら・・・って考えながら見てみるとおもしろいかもしれませんな。

|

« 【新作情報】東京タワー オカンとボクと、時々、オトン | トップページ | 【新作情報】デジャヴ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172366/5666011

この記事へのトラックバック一覧です: 【新作情報】主人公は僕だった:

« 【新作情報】東京タワー オカンとボクと、時々、オトン | トップページ | 【新作情報】デジャヴ »