« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月31日 (土)

【最新情報】GOAL!2

今回は2007年初夏公開の最新作をご紹介します。

Goal2

                                                                                                                                                                                                                                                                                                         

                                          

                                            

                                           

                                          

                                                                              

                                            

GOAL!2                                         

監督:ジャウム・コレット=セラ

キャスト:クノ・ベッカー スティーブン・ディレイン アンナ・フリエル レノオラ・ヴァレラ ルドガー・ハウアー アレッサンドロ・ニヴォラ デヴィッド・ベッカム ロナウド ジネディーヌ・ジダン ラウール・ゴンザレス 

公開:2007年初夏

STORY

ニューカッスル・ユナイデットでの実績を確かなものにし、恋人ロズとも婚約して、充実した日々を送っていたサンティアゴの元に、レアル・マドリードへの移籍話が舞い込んだ!世界最強と名高いクラブチームからの誘いに意を決したサンティアゴはスペインへと旅立つ。銀河系軍団と呼ばれるレアル・マドリードで果たして彼の実力は通用するのだろうか?ヨーロッパ最強のクラブチームを決定するUEFAチャンピオンズ・リーグを舞台に、サンティアゴの新たな挑戦が始まる・・・。(チラシより)

ランキング参加中です。ポチットご協力おねがいしますm(_ _)m

人気blogランキングへ←これにクリックお願いしますm(_ _)m                                                         

                                                 

評価(未鑑賞)

子供の頃からの夢をかなえるため、一人海を渡り逆境に負けずに奮闘する青年サンティ。夢をあきらめない姿と、遠く離れた家族や愛する恋人との絆を描き、人々を感動の渦に巻き込んだサクセスムービー「GOAL!」の続編が早くも登場。

ということですが、私はGOAL!の方は見たことがありませんのでなんともいえないですが、レアル・マドリードのファンの方を始め、サッカーファンは必見ではあるでしょう。

関連商品はこちらのリンクから購入できます

GOAL! Music GOAL!

アーティスト:サントラ,ハッピー・マンデーズ,オアシス,アンクル,ジョエル・キャドベリ・オヴ・サウス,ダーティ・ヴェガス,ザ・ビーズ
販売元:ソニーミュージックエンタテインメント
発売日:2006/05/03
Amazon.co.jpで詳細を確認する

GOAL! STEP1 イングランド・プレミアリーグの誓い スタンダード・エディション DVD GOAL! STEP1 イングランド・プレミアリーグの誓い スタンダード・エディション

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2006/10/18
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年3月30日 (金)

【最新情報】ブラッドダイヤモンド

今回はレオナルド・ディカプリオ出演の最新作をご紹介します。

2_1                                                                                                                                                                                                                                                                                                          

                                          

                                            

                                           

                                          

                                                                              

                                            

ブラッド・ダイヤモンド                                         

監督:エドワード・ズウィック

キャスト: レオナルド・ディカプリオ ジェニファー・コネリー ジャイモン・フンスー マイケル・シーン 

公開:4月GW

STORY

地中から掘り起こされ、人の手に触れたとたん、そこに群がる人間のあらゆる感情をすいこむかのようにうごめきだすダイヤモンドという貴石。

3人の男女を引き寄せたのは、めったに産出されることはないという巨大なピンク・ダイヤモンド。彼らはそのダイヤにそれぞれの輝きを見た・・・。(チラシより)

ランキング参加中です。ポチットご協力おねがいしますm(_ _)m

人気blogランキングへ←これにクリックお願いしますm(_ _)m                                                         

                                                 

評価(未鑑賞)

いよいよ公開も近いブラッドダイヤモンドです。

前評判はなかなか良い感じのようで、楽しみな1本です。

ただ、結構キツイシーンがあるようで、子供さんには少々きつい作品ではあると思います。

そしてこの作品は、史上初のゴールデン・グローブ賞主演男優Wノミネートということで話題の作品です。

主人公のダニー・アーチャーはダイヤの密売人。彼にとってダイヤは荒れた大地から抜け出すためのチケット。

目的のため為なら手段を選ばないという野性味あふれる演技が期待できそうです。

そのほかに家族を救うための切り札やどうしても暴かなければならない女性ジャーナリストの思い・・・。

3人の男女のダイヤを巡る物語は感動と衝撃を誘うようです・・・。


| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007年3月29日 (木)

【新作情報】オーシャンズ13

今回は2007年8月11日公開予定の最新作をご紹介します。

13_1                                                                                                                                                                                                                                                                                                       

                                          

                                            

                                           

                                          

                                          

                                        

                                                        

オーシャンズ13

監督:スティーブン・ソダーバーグ

キャスト:ジョージ・クルーニー  ブラッド・ピット  マット・デイモン  アンディ・ガルシア  ドン・チードル  バーニー・マック  エレン・バーキン  アル・パチーノ                                                                  

公開:2007年8月11日

STORY

『オーシャンズ11』『オーシャンズ12』に続く、シリーズ第3弾。スティーブン・ソダーバーグ監督と製作ジェリー・ワイントローブのもとに、今回もおなじみの豪華キャストが集結。さらにアル・パチーノとエレン・バーキンを新たに迎え、ダニー・オーシャンと仲間たちの新たなヤマが始まる。オーシャンズ13 - goo 映画より

ランキング参加中です。ポチットご協力おねがいしますm(_ _)m

人気blogランキングへ←これにクリックお願いしますm(_ _)m                                                         

                                                 

評価(未鑑賞)

『オーシャンズ11』『オーシャンズ12』に続く、シリーズ第3弾ってことで、メンバーは豪華な分、あまり各俳優さんたちのよさが引き出しきれていない気がする印象がある、このシリーズですが、今回はどうなのでしょうか。

個人的には、すっごくおもしろかった!っていう感想が11と12になかったために、こんどこそは・・・。という期待をしておこうかとおもいます。

公式サイト・・・http://wwws.warnerbros.co.jp/oceans13/

関連商品はこちらからどうぞ

オーシャンズ11 特別版 DVD オーシャンズ11 特別版

販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2006/12/08
Amazon.co.jpで詳細を確認する

オーシャンズ12 DVD オーシャンズ12

販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2006/12/08
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年3月27日 (火)

【新作続報】西遊記

今回は映画西遊記のチラシをゲットしたのでUpします。

2                                             

                                        

                                          

                                         

                                          

                                                       

Photo                                               

                                                             

                                                                                                                                                                                                                                                  

                                                      

                                         

                                       

                                          

                                                       

西遊記

監督:澤田鎌作

脚本:坂元裕二

音楽:武部聡志

キャスト:香取慎吾 内村光良 伊藤淳史 深津絵里 氷川あさみ 大倉考二 多部未華子 岸谷五朗 鹿賀丈史

公開:2007年7月14日

STORY

三蔵法師 一行が立ち寄ってのは草木の枯れた砂漠の町。

王宮に招かれた一行は、魔法によって醜い亀にされてしまった王様と王妃さまを目の当たりに・・・。

かつて緑豊かだったこの国に金角大王・銀角大王という恐ろしい兄弟妖怪が現れ、この国の緑とすべての財宝を奪い、王様たちに妖術をかけて去っていったという。この国の人々は妖怪の力を恐れ、悪に立ち向かう勇気を失っていた。王女・玲美は三蔵たちに懇願し、金角・銀角を倒す旅に出かけることになる・・・。チラシより

                                                        

評価と情報

今回の映画「西遊記は」日本映画として最大級の規模で公開されるそうで、都内で行ったクランクアップ報告会見では、日本映画のアニメ、実写それぞれ興行収入歴代首位「千と千尋の神隠し」「踊る大捜査線2」と同様の劇場チェーンを組み、最大級の上映館数で公開し実写映画の興収記録の塗り替えを狙うそうです。

そして、全話平均23.2%の高視聴率を記録したフジ系連続ドラマ「西遊記」は私は毎週かかさずみてました。そして今回の映画は中国ロケを敢行。

今回の第1次中国ロケ(昨年29日まで)の移動距離は寧夏回族自治区の区都・銀川を拠点に内蒙古自治区、甘粛省など総延長500キロに及ぶ。今年明は第2次中国ロケをおこなっているようです。

しかし報道によれば、中国のブロガーたちの間で不満の意見もでており、最も不満が大きいのは「三蔵法師を女性が演じている」という点。
他にも「ストーリーやキャラクター設定が原作と大きくかけ離れており、悪ふざけが過ぎる」
「孫悟空にスカートを履かせている」「猪八戒が大きな帽子を被っていてイメージが違う」といった
 意見もでているようですが・・・。

私としては、確かに西遊記ですが、原作とは別もので考えてもいいとおもうんですよね。

リメイクとか、アレンジっていう位置づけでみれば面白い作品だと思うし、なにより楽しくないと思う人は見ければいいじゃん。っておもいませんか?w

まぁ私は楽しみにしている側です。また情報があれば報告します。                                    

公式サイト・・・http://www.saiyuki.jp/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月26日 (月)

【新作情報】オール・ザ・キングスメン

今回は4月7日公開予定の最新作をご紹介します。

Photo_65                                                                                                                                                                                                                                                                                                     

                                          

                                            

                                           

                                          

                                          

                                        

                                                        

オール・ザ・キングスメン

監督:スティーヴン・ゼイリアン                                                  

キャスト:ショーン・ペン ジュード・ロウ ケイト・ウィンスレット アンソニー・ホプキンス                 

公開:2007年4月7日公開

STORY

1949年、ルイジアナ州。新聞記者ジャックがウィリーと出会ったのは、役人であるウィリーが郡の汚職を非難していた頃だった。やがて職を辞したウィリーに、州知事選立候補の転機が訪れる。当初は対立候補の当て馬だったウィリーだが、形勢が逆転、遂に州知事になる。その頃ジャックは記者を辞め、ウィリーの参謀になっていた。時が経ち、ウィリーの権力は絶大になり、いつしか彼自身が嫌っていた汚職やスキャンダルにまみれ…。オール・ザ・キングスメン - goo 映画より

ランキング参加中です。ポチットご協力おねがいしますm(_ _)m

人気blogランキングへ←これにクリックお願いしますm(_ _)m                                                         

                                                 

評価(未鑑賞)

この作品は、1920~30年代に活躍した実際の政治家をモデルにした原作の二度目の映画化だそうです。

実際にいたということはストーリーにはリアリティがありそうですが、

人間は権力を握るとどんどんダメになっていく様をみることになりそうな作品で、社会的にこのようなことがあってはならないと訴えたいのかもしれませんね。

関連商品はこちらからどうぞ↓

オール・ザ・キングスメン DVD オール・ザ・キングスメン

販売元:ファーストトレーディング
発売日:2006/12/14
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月25日 (日)

ナイトミュージアムを鑑賞

ナイトミュージアムを鑑賞しましたのでご紹介します。

Photo_28                                                                                                                                                                                                                                                                                                 

                                          

                                            

                                           

                                          

                                          

ナイトミュージアム

監督:ショーン・レヴィ

キャスト:ベン・スティラー カーラ・グギーノ ロビン・ウィリアムズ ディック・ヴァン・ダイク スティーヴ・クーガン 

公開:2007年3月17日

STORY

ニューヨークに住むラリーは、現在失業中。しかも最愛の息子ニッキーは、元妻の再婚相手になついてしまっている。父子の絆を取り戻すため、まずは仕事を持とうと決心したラリーは、自然史博物館の夜警の仕事に就く。しかし勤務最初の夜、ひとり見回りを始めたラリーは愕然とする。ホール中央にあったティラノサウルスの骨格標本が、忽然と消えているのだ!その直後、ラリーは館内を動き回るティラノサウルスに追いかけられ…?!ナイト ミュージアム - goo 映画より

ランキング参加中です。ポチットご協力おねがいしますm(_ _)m

人気blogランキングへこれにクリックお願いしますm(_ _)m     

                                                    

評価・・・(30点満点) 総合評価 22点・・・(銅賞)

ストーリー 7 キャスト・・・7点 映像・音楽・・・8点

この作品は親子でぜひ見てほしい作品です。

この作品では博物館の展示物が夜になると動くというストーリーはいたって普通のファンタジー的な内容となっています。見る前は子供っぽい作品だと思ってました。

しかし、実際に見ると子供っぽかったものの、私も童心に帰ってしまい、素直に笑ってしまいました。

忘れていた何かを取り戻したような気にさせてくれる映画でした。

そして、あれだけの展示物を動かすCGの技術はうまくできていると関心しました。

あとはなんといってもティラノサウルスの化石が動く姿は小さなお子さんのハートは鷲づかみでしょう。笑

そして、実際に存在するこのミュージアムの“アメリカ自然史博物館”のことをちょこっとご紹介します。

設立・・・1869年

概要・・・世界最大級の自然史博物館。研究施設としても名高い。3400万点以上の標本と遺物が収められていて、展示はその2%程度だそうです。

セオドア・ルーズベルト大統領の収集品も収蔵されています。

なお、この映画のモデルとなったほかに「スプラッシュ」(84)、「素晴らしき日」(96)、「光の旅人K-PAX」(01)などのさまざまな映画のロケ地になっているそうです。

この映画はぜひ親子でご覧になってみてはいかがでしょうか。

公式サイト・・・http://movies.foxjapan.com/nightmuseum/

関連商品はこちらから購入できます。

小説 ナイト ミュージアム Book 小説 ナイト ミュージアム

著者:L. ゴールドマン
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2007年3月24日 (土)

地下鉄(メトロ)に乗ってを鑑賞

先日レンタルスタートした地下鉄(メトロ)に乗ってを鑑賞しましたのでご紹介。

地下鉄(メトロ)に乗って THXスタンダード・エディション

                                                                                                                                                                                                                                                                                                       

                                                           

地下鉄(メトロ)に乗って

監督:浅田次郎

キャスト:堤真一 岡本綾 常盤貴子 大沢たかお 田中泯

 

STORY

絶縁状態の父親が倒れたという知らせを受けた日、小さな衣料品会社の営業マン・長谷部真次は、いつものようにスーツケースを転がしながら地下鉄で移動していた。そこに突然、亡き兄が姿を現す。兄の背中を追って地下通路を抜けると、そこは昭和39年の東京だった。ほどなくして真次は無事現在に戻ってくるが、後日、今度は恋人の軽部みち子も一緒に昭和21年に遡り、闇市でしたたかに生きる若き日の父・小沼佐吉に出会う。地下鉄(メトロ)に乗って - goo 映画より

                                               

ランキング参加中です。ポチットご協力おねがいしますm(_ _)m

人気blogランキングへ←これにクリックお願いしますm(_ _)m 

                                                           

                                                      

評価・・・(30点満点) 総合評価 25点・・・(銀賞)

ストーリー 8点  キャスト・・・10点 映像・音楽・・・7点

この作品は親子の感動作といったところでしょうか。

ある日、地下鉄の地下通路を抜けると昭和39年の東京にタイムスリップしてしまう。

そして、主人公(堤真一)が、父(大和たかお)の過去を見ることにより、父親を理解していく・・・。

ネタバレになってしまうのでこの辺でやめておきますw。

なにより堤真一の演技と大沢たかおの幅の広い演技がすばらしく、ほかの役者もうまいこと引き立てていました。

ただ、残念なことに基本的には良い話だとおもいましたが、話の断片的に起こるタイムスリップと現実のつながりがよくわからず途中で混乱してしまいました。

あと終わり方がすっきりしない感じでした。

ただ、俳優陣はすばらしかったので、個人的にはオススメです。

                                

関連商品はこちらから購入できます。

地下鉄(メトロ)に乗って Book 地下鉄(メトロ)に乗って

著者:浅田 次郎
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

地下鉄(メトロ)に乗って THXスタンダード・エディション DVD 地下鉄(メトロ)に乗って THXスタンダード・エディション

販売元:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2007/03/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年3月23日 (金)

【新作情報】蟲師

今回は今週末公開のオダギリジョー主演の最新作をご紹介します。

Photo_57                                                                                                                                                                                                                                                                                                    

                                          

                                            

                                           

                                          

                                          

                                        

                                                        

蟲師

監督:大友克洋 

キャスト: オダギリジョー  蒼井優  江角マキコ  大森南朋

公開:2007年3月24日

STORY

100年前の日本では、ある日突然、耳が聞こえなくなったり、角が生えたりする奇妙な現象が起きる事があった。人々はそれを、目には見えない“蟲”の仕業と噂した。そして、その蟲の姿が見え、封じることが出来る者を蟲師と呼んだ。蟲師・ギンコは、筆で書いた文字で蟲を封じる足の悪い美しい娘、淡幽に会うため長い旅を続けていた。しかし、ある事件に巻き込まれ、ギンコ自身が蟲に冒されてしまい…。蟲師 - goo 映画より

ランキング参加中です。ポチットご協力おねがいしますm(_ _)m

人気blogランキングへ←これにクリックお願いしますm(_ _)m                                                         

                                                 

評価(未鑑賞)

この作品は漆原由紀原作の同名のコミックを、『AKIRA』『スチーム・ボーイ』の漫画界の鬼才、大友克洋が実写映画としてスクリーンに描いたものです。

大友克洋というとアニメしか浮かばないのですが、実写でどんな映画に仕上げているか楽しみな作品です。

この作品はジャンルがSFっていうことのようですが、日本の昔話的な物語感じでCGとかおおいいのでしょうかね~・・・。

個人的には結構興味のある作品です。

関連商品はこちらからどうぞ↓

蟲師 其ノ壱  DVD 蟲師 其ノ壱

販売元:エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
発売日:2006/01/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

蟲師 オリジナル・サウンドトラック 蟲音 前  Music 蟲師 オリジナル・サウンドトラック 蟲音 前

アーティスト:TVサントラ
販売元:マーベラスエンターテイメント
発売日:2006/03/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「蟲師」オリジナルサウンドトラック 第二弾 蟲音 後  Music 「蟲師」オリジナルサウンドトラック 第二弾 蟲音 後

アーティスト:TVサントラ
販売元:マーベラスエンターテイメント
発売日:2006/06/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年3月22日 (木)

たそがれ清兵衛を鑑賞

たそがれ清兵衛を鑑賞しましたのでご紹介。

たそがれ清兵衛

                                                                                                                                                                                                                                                                                                       

                                                           

たそがれ清兵衛

監督:山田洋次

キャスト:真田広之 宮沢りえ 田中泯 岸惠子 伊藤未希 橋口恵莉奈 草村礼子 丹波哲郎 小林稔侍 大杉漣 吹越満 深浦加奈子 神戸浩 中村梅雀 ほか

 

STORY

幕末、庄内・海坂藩の下級藩士・井口清兵衛は、妻に先立たれた後、幼いふたりの娘と年老いた母の世話、そして借金返済の内職の為に、御蔵役の勤めを終えるとすぐに帰宅することから、仲間から"たそがれ清兵衛“とあだ名されていた。ある日、かつて想いを寄せていた幼なじみで、酒乱の夫・甲田に離縁された朋江の危難を救ったが・・・。たそがれ清兵衛(2002) - goo 映画より

                                                        

ランキング参加中です。ポチットご協力おねがいしますm(_ _)m

人気blogランキングへ←これにクリックお願いしますm(_ _)m 

                                                           

                                                      

評価・・・(30点満点) 総合評価 23点・・・(銅賞)

ストーリー 8点  キャスト・・・9点 映像・音楽・・・6点

この作品は家族を思う父親像が感動的でした。

妻を亡くし2人の娘の成長を励みに日々を必死に生きる清兵衛の姿には良い父親像が浮かびました。

同僚との付き合いもしたくてもできないし、毎日定時?wで仕事を終えて家族の下へまっすぐ帰った後に、内職もする・・・。すばらしい父親だと思いました。

そして、幼馴染の朋江のことを思いつつも、日々生活する姿は感動さえありました。

決して、出世を望んでいなくとも、娘2人の成長が楽しみとは・・・、周りに変わったやつといわれても仕方のないことですが、すごく気持ちは共感できました。

そして、主演の真田広之と宮沢りえの演技はすばらしかったです。

周りの出演者も良い感じで主演を引き立てていました。

なにより、原作が短編のために、だらだらしてなくてとてもよい感じでした。

さっぱりしていてわかりやすかったです。

                                

関連商品はこちらから購入できます。

たそがれ清兵衛 DVD たそがれ清兵衛

販売元:松竹
発売日:2006/11/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

たそがれ清兵衛 Book たそがれ清兵衛

著者:藤沢 周平
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月21日 (水)

【新作情報】ホリディ

今回は今週末公開の最新作をご紹介します。

Photo_43                                                                                                                                                                                                                                                                                                     

                                          

                                            

                                           

                                          

                                            

ホリディ                                          

監督: ナンシー・メイヤーズ

キャスト:キャメロン・ディアス ケイト・ウィンスレット ジュード・ロウ ジャック・ブラック ほか

公開:2007年3月24日

STORY

アイリス(ケイト・ウィンスレット)はロンドン郊外に住む新聞記者。アマンダ(キャメロン・ディアス)はハリウッドの映画予告篇製作会社の社長。順調な人生に見える二人だけれど、実はクリスマス直前だというのにそれぞれの恋に別れを告げていた。そんなときにみつけた「ホーム・エクスチェンジ」の休暇が運命を素敵に変えてくれるなんて・・・。

まるでおとぎ話のような田園風景のコテージと、成功を絵に描いたようなプール付き豪邸を2週間だけ交換したアイリスとアマンダ。そこで2人に訪れたのは予想もしていなかった心のときめき・・・。アマンダはアイリスのセクシーな兄グレアムとハプニング。グレアム役のジュード・ロウとマイルズを演じるジャック・ブラックがまったく違うタイプの男性像で魅力を全開。刺激的でアバンチュールな恋と、気がついたら手をつないでいたような恋が9600キロ離れたロサンゼルスとロンドンで同時進行していきます。(チラシより)

ランキング参加中です。ポチットご協力おねがいしますm(_ _)m

人気blogランキングへ←これにクリックお願いしますm(_ _)m                                                         

                                                 

評価(未鑑賞)

まずはキャストにキャメロン・ディアス ケイト・ウィンスレット ジュード・ロウ ジャック・ブラックと名優揃いです。

「ホーム・エクスチェンジ」っていうのは恋人との別れをしていた人にとっては願ってもない展開なんでしょうね・・・。

個人的には、このようなシステムが実際に深夜テレビでやってる「ラブチェン」っていう番組に似ているような気がします。

実際の夫婦が数日交代しているんですが、やはり、おたがい価値観が違うためにギャップがあるのが見ていて面白いです。

この映画もそんな形で見れるのでは?って考えたら結構面白いとおもいます。

なにより生活が変われば当然新たな出会いもあるだろうし、そこで素敵な出会いと恋愛が始まるっていうのはやはり映画的な展開ですが、運命の休暇っていうのはこの映画にとっていい表現かなとおもいました。

結構女性にはヒットしそうな映画だと思いました。結構オススメかも・・・。

公式サイト・・・http://www.holiday-movie.jp/top.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月20日 (火)

【新作情報】憑神

今回はの妻夫木聡出演の最新作をご紹介します。

Photo_64                                                                                                                                                                                                                                                                                                         

                                          

                                            

                                           

                                          

                                          

                                        

                                                        

                                                                                                            

憑神                                                 

監督: 降旗康男 

脚本:浅田次郎                                                              

キャスト:妻夫木聡 夏木マリ 佐々木蔵之助 鈴木砂羽 森迫永依 笛木優子 佐藤隆太 赤井英和 香川照之 西田敏行 江口洋介

公開:2007年6月23

STORY

時は幕末。

別所彦四郎は、下級武士とはいえ、代々将軍家の影武者をつとめてきた由緒ある家柄の出。幼い頃から文武に優れ、秀才の誉れ高かった彦四郎だが、戦もない平和な世においては影武者の出番などあるはずもなく、毎日暇をもてあますばかり。出世はもはや神頼みしかないとすがる思いで祈ったお稲荷様は、なんと災いの神を呼び寄せる稲荷だった・・・。

「ご利益」は絶大な、貧乏神・疫病神・死神の三人の神にとりつかれる彦四郎。人生のツキに見放され、不幸の神様にとりツカれ愛されてしまった男の運命は?(チラシより)

ランキング参加中です。ポチットご協力おねがいしますm(_ _)m

人気blogランキングへ←これにクリックお願いしますm(_ _)m                                                         

                                                 

評価(未鑑賞)

どろろで記憶のあたらしい妻夫木聡が今度は時代劇をやるようです。

この作品は「鉄道員」の浅田×降旗のコンビが7年ぶりに一緒になったようです。

今回は武士としてどう生きるべきか思い悩む一人の男という役のようですが、今までにない妻夫木聡がみれそうで、新しい新境地を切り開いています。

そして、周りの出演者にも実力派俳優もなかなか揃っていて、期待できそうです。

公式サイト・・・http://tsukigami.jp/

DVDや関連商品はこちらからどうぞ。

DVD メイキング 憑神

販売元:東映
発売日:2007/05/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

憑神 Book 憑神

著者:浅田 次郎
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年3月19日 (月)

嫌われ松子の一生を鑑賞

嫌われ松子の一生を鑑賞しましたのでご紹介。

嫌われ松子の一生 通常版

                                                                                                                                                                                                                                                                                                       

                                                           

嫌われ松子の一生

監督:中島哲也

キャスト:中谷美紀  瑛太  伊勢谷友介  香川照之  市川実日子  ほか

 

STORY

昭和22年。福岡県でひとりの女の子が誕生した。お姫様のような人生を夢見る彼女の名は川尻松子。教師になり爽やかな同僚とイイ感じになるも、セクハラ教師のせいで辞職に追いやられる。ここから、松子の転落人生が坂を転がり落ちるがごとく、始まっていく。愛を求める松子の前にはさまざまな男が現れるが、彼女の選択はことごとく不幸へと繋がってしまうのだった。53歳、河川敷で死体となって発見された彼女の生涯を探る甥が見たものは?嫌われ松子の一生 - goo 映画より

                                                        

ランキング参加中です。ポチットご協力おねがいしますm(_ _)m

人気blogランキングへ←これにクリックお願いしますm(_ _)m 

                                                           

                                                      

評価・・・(30点満点) 総合評価 22点・・・(銅賞)

ストーリー 8点  キャスト・・・8点 映像・音楽・・・6点

この作品は家族や、友人との人とのつながりの大切さを教えてくれた作品でした。

この作品の原作は山田宗樹の小説「嫌われ松子の一生」。

ですが原作はこの作品よりもずっと暗い作品とのことですが、この作品ではずっと明るく見やすい内容に仕上がっていました。

出演者もたくさんの方が出演しており、見ていて飽きさがありませんでした。

なにより、クールなイメージの女優。中谷美紀がここまでの演技をしているのに驚きとともに新鮮でした。

そして作品中の。「人になにをされたのかではなくて、自分がなにをしてあげたか。」という松子の言葉・・・。

いくら自分がどんな目にあっていてもすかれたければ相手を好きになって生きていく。っていう風に私は感じました。

私は松子ほど、ひどい生活ではないし、フィクションであるから当然ですが、

この作品を見た後だと、自分はいかに回りに好かれているか、充実した生活をしているか。というのを感じました。

話題になっただけあってなかなか面白かったです。

                                

関連商品はこちらから購入できます。

嫌われ松子の一生 通常版 DVD 嫌われ松子の一生 通常版

販売元:アミューズソフトエンタテインメント
発売日:2006/11/17
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年3月18日 (日)

SAW3を鑑賞

ついに新作DVDレンタル開始されたSAW3を鑑賞しましたのでご紹介。

ソウ3 DTSエディション

                                                                                                                                                                                                                                                                                                       

                                                           

SAW3

監督:ダーレン・リン・バウズマン

キャスト:トビン・ベル  アンガス・マクファーデン  ディナ・メイヤー

 

STORY

女刑事ケリーは、小学校でおこった殺人現場に呼び出される。鎖に繋がれた死体は爆弾で飛び散っていた。死体が行方不明となっていたエリック刑事ではなかったことに、ケリーは胸をなでおろす。でも、ジグソウはもう動けないはずなのに、これらの仕掛けはいったい誰がやったのか?しかも、今までのジグソウのパターンとは違うようだ。その日の夜、ケリーは何者かに拉致され、気が付くと、どこかの地下室に監禁されていた…。新たなゲームが、スタートしたのだろうか?ソウ3 - goo 映画より

                                                        

ランキング参加中です。ポチットご協力おねがいしますm(_ _)m

人気blogランキングへ←これにクリックお願いしますm(_ _)m 

                                                           

                                                      

評価・・・(30点満点) 総合評価 21

ストーリー 6点  キャスト・・・6点 映像・音楽・・・9点

この作品のグロテスクさは健在でした。

1と2の続編の3ですが、話は1と2を先に見ておかないとまったく理解できないでしょう。

これから見ようと思っている方は先に1と2を必ず見ておいたほうが良いと思います。

そして、私の中でSAW3に注目していた部分はジグソウの仕掛けたゲーム内容。

1と2に比べて非常に残念なことに、物足りなさと、結末が見えてしまっていました。

途中から先が見えてしまっていた分、「このあとどうなるんだ?」っていうワクワク感がきえてしまっていました。それに、グロテスクさが増してしまっており、それをカバーするだけのサスペンス性が少なかったです。

ホラーはあまり・・・っていう方は見ないほうが良いかと思います。

かなり残酷だし、グロテスクなシーンが盛りだくさんですので・・・。

そして、まだ続編がありそうな予感です。今度こそは!っていう期待をしております。

                                

関連商品はこちらから購入できます。

ソウ3 DTSエディション DVD ソウ3 DTSエディション

販売元:角川エンタテインメント
発売日:2007/03/16
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月17日 (土)

【新作情報】俺は、きみのためにこそ死ににいく

今回はの徳重聡、窪塚洋介、筒井道隆出演の最新作をご紹介します。

Photo_63                                                                                                                                                                                                                                                                                                         

                                          

                                            

                                           

                                          

                                          

                                        

                                                        

                                                                                                            

俺は、きみのためにこそ死ににいく                                                  

監督: 新城卓 脚本:石原慎太郎

                                                              

キャスト:徳重聡  窪塚洋介  筒井道隆  岸恵子

公開:2007年5月12日

STORY

昭和19年秋。太平洋戦争で不利な戦況の日本軍は、最後の手段として戦闘機に爆弾を搭載し、敵艦に体当たりする特別攻撃隊を編成する。まもなくして鹿児島県の知覧飛行場は特攻基地となった。軍指定の食堂を構え、飛行兵たちから慕われていた鳥濱トメは、複雑な想いを胸に秘め、母親代わりとして慈愛の心で見守り続けていく。第71振武隊隊長の中西は、遺品の郵送をトメに託した。板東は、特攻を志願したことを父に伝えてほしいと懇願。出撃しては基地に戻って来る田端は、トメに「日本は負ける」と告げた。やがて昭和20年8月15日終戦。しかし、それで全てが終わったわけではなかった…。俺は、君のためにこそ死ににいく - goo 映画より

ランキング参加中です。ポチットご協力おねがいしますm(_ _)m

人気blogランキングへ←これにクリックお願いしますm(_ _)m                                                         

                                                 

評価(未鑑賞)

この作品は“特攻の母”として知られる鳥濱トメさんの視点から、若き特攻隊員たちの青春や真実のエピソードを連ねて描いた戦争群像劇である。製作総指揮は、東京都知事であり作家の石原慎太郎。総製作費18億円を投じての製作を開始したようです。

やはり注目すべきところは、俳優陣でしょうか。

徳重聡、窪塚洋介、筒井道隆、岸恵子などなかなかの顔がそろっておりますが、どうもいまいち物足りないような気もします。

そして、昭和19年の戦争時代の日本の特攻隊の物語ということで、前にもあったような気もしますが、終戦後62年たって、新たによみがえるっていう部分では最近の若い方には見てもらいたいという気持ちもかんじられました。

昔の日本はこんなこともあったんだなっていう風にしってもらいたいと感じる作品ですな。

DVDや関連商品はこちらからどうぞ。

DVD メイキング・俺は、君のためにこそ死ににいく

販売元:東映
発売日:2007/04/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月16日 (金)

【新作情報】秘密結社 鷹の爪 THE MOVIE~総統は二度死ぬ~/

今回はTOHO系列限定?かと思いますがちょっと気になった映画をご紹介します。

秘密結社 鷹の爪 THE MOVIE~総統は二度死ぬ~/

監督:脚本:キャラクターデザイン:録音:FLASHなど:FROGMAN

キャスト:FROGMAN

公開:2007年3月17日

                                                             

STORY

世界征服の野望を持つ秘密結社「鷹の爪団」。だが彼らは、いまや野望どころか小銭も持てぬ資金難に悩まされていた。大家の騒音おばさんかと見まちがうほどの取り立てに怯えた一行は、夜逃げマシンに乗り込む。だが、そのマシンには大家がピタリと張り付いていた!暴走するマシンは空の彼方へ!やがて総統の目に懐かしい宇宙の風景が…。「実はわしは宇宙に来るのは二度目なのじゃ…」いま明かされる総統の悲しき過去、23年前に息子と生き別れた切ない話…。そして彼らが辿り着いた宇宙ステーション“ピースボール”で待ち受けるのは、生か死か大家か息子かフェンダーミラーか首相か大統領か将軍様か…?!秘密結社 鷹の爪 THE MOVIE ~総統は二度死ぬ~ - goo 映画より

                                                                       

評価(未鑑賞)

私がよく足を運ぶTOHO系の映画館で映画が始まる前のマナーの説明で毎回出てくるアニメでした。

それが個人的には面白くて、いつも見ていましたが、まさか映画化するとは・・・っていうのが正直なところです。

そして、驚きなのが監督から、声まですべて個人1人のFROGMANさんが行っているということ。

ここまでの作品を一人でって言うのはえらい大変な作業かとおもいました。

そういった視点で見てみるとすごい作品かもしれません。

公式サイト・・・http://www.kaeruotoko.com/movie/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月15日 (木)

【新作情報】ハッピーフィート

今回は今週末公開の最新作をご紹介します。

Photo_35                                                                                                                                                                                                                                                                                                      

                                          

                                            

                                           

                                          

                                          

ハッピーフィート

監督:ジョージ・ミラー

キャスト:イライジャ・ウッド  ヒュー・ジャックマン  ニコール・キッドマン  ブリタニー・マーフィー  ヒューゴ・ウィービング  ロビン・ウィリアムス  ミリアム・マーゴリーズ

公開2007年3月17日

STORY

南極に住む皇帝ペンギンたちにとって人生で一番大切なのは、自分だけの“心の歌”を見つけ、生涯の伴侶にふさわしいパートナーの愛をゲットすること。ところが、そんななかに、ひとりだけ筋金入りの音痴ペンギンが…!彼の名前はマンプル。長老たちや仲間からも見放され、独りぼっちになってしまったマンプルが、歌う代わりに踏み出したのは、ダンスのステップ!史上最強にかわいいダンシング・ペンギン、マンプルが、誰にも真似できない無敵のステップで、奇抜なビートを刻み始める!!ハッピー フィート - goo 映画より

                                                        

ランキング参加中です。ポチットご協力おねがいしますm(_ _)m

人気blogランキングへ←これにクリックお願いしますm(_ _)m 

                                                           

                                                      

                                                 

評価(未鑑賞)

のオンチなペンギンが歌の代わりにダンスを踊りだすって言うのは良くありそうな展開ですが、見ていて楽しいだろうという気持ちにはさせてくれそうですね。全米で一般公開されるや、他の新作をおさえ全米初登場1位となっているだけに、なかなか面白いのではあるかもしれません。

公式サイト・・・http://wwws.warnerbros.co.jp/happyfeet/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月14日 (水)

【新作情報】デジャヴ

今週末公開のパイレーツ・オブ・カリビアンのジェリー・ブラッカイマー の最新作の予告編を見ましたので紹介します。

Photo_22                                                

                                              

                                                

                                              

                                            

                                                      

デジャヴ

監督:トニー・スコット

製作:ジェリー・ブラッカイマー

キャスト:デンゼル・ワシントン  ポーラ・パットン  ヴァル・キルマー  ジム・カヴィーゼル

2007年3月17日

                                                   

STORY

543名もの犠牲者を出した、フェリー爆破事件。

捜査官タグは手がかりを持つ1人の女性の遺体を見た瞬間強烈なデジャヴにおそわれた・・・。

彼は捜査官の一員として、政府が極秘に開発した4日と6時間前を自由に見れる監視システム 「タイムウィンドウ」を使い、すでに殺された女性を救い出しすでに起こった爆破事件を防ぐことはできるのか・・・。                                                   

ランキング参加中です。ポチットご協力おねがいしますm(_ _)m

人気blogランキングへ←これにクリックお願いしますm(_ _)m

                                                  

本作品は初めて来た場所や経験なのに、ここに前来たことがあるとか感じる、いわゆるデジャヴ現象を題材にしているのは面白いものだと思いました。

なんとなくあったようでなかった気がするデジャヴの題材の映画ですが、捜査官タグを演じる、デンゼル・ワシントンが4日と6時間前の映像を見ることができる「タイムウィンドウ」をみてデジャヴの体験を元に今後発生すると思われる事件を解決するという形になっているようです。

公式サイトにも予告編がUpされていましたので、見るともっとわかりやすいと思います。

                                                           

公式サイト・・・http://www.movies.co.jp/dejavu/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月13日 (火)

【新作情報】主人公は僕だった

今回はのウィル・フェレル主演の最新作をご紹介します。

Photo_62                                                                                                                                                                                                                                                                                                       

                                          

                                            

                                           

                                          

                                          

                                        

                                                        

主人公は僕だった                                                        

監督:マーク・フォスター                                            

キャスト:ウィル・フェレル  エマ・トンプソン  マギー・ギレンホール  ダスティン・ホフマン  クイーン・ラティファ

公開:2007年5月19日

STORY

国税局に勤めるハロルド・クリック。毎朝同じ時間に目覚め、同じ回数歯を磨き、同じ歩数でバス停まで行き、会計検査官の仕事をこなして、毎晩同じ時間に眠る。そんな毎日を送っていたハロルドに、突然、彼の行動を正確に描写する女性のナレーションが聞こえてくる。声の主は、悲劇作家カレン・アイフル。最高傑作の完成を目の前にした彼女が、ラストでいかにして死なせようかを悩んでいる主人公こそ、ハロルドだったのだ……。主人公は僕だった - goo 映画より

ランキング参加中です。ポチットご協力おねがいしますm(_ _)m

人気blogランキングへ←これにクリックお願いしますm(_ _)m                                                         

                                                 

評価(未鑑賞)

この作品の主人公ハロルドを演じるのは、ウィル・フェレル。ハロルドの“人生の作者”カレンに扮するのは、エマ・トンプソン。監督は、ハル・ベリーのオスカー獲得も話題を呼んだ『チョコレート』、アカデミー賞7部門にノミネートされた『ネバーランド』のマーク・フォスター。ですが、正直誰もしりません・・・笑

しかし、ストーリーは好きなほうかな?って思います。突然女性の声が聞こえてきて、自分が死ぬっていわれたら・・・。

いろいろなことをするとか言ってきた犯人を捜すとかっていう選択肢がでるかとおもいます。この作品はそんな考えを形に表している感じがしました。

自分だったら・・・って考えながら見てみるとおもしろいかもしれませんな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月12日 (月)

【新作情報】東京タワー オカンとボクと、時々、オトン

今回東京タワーの新しいチラシをゲットしたので改めてご紹介します。

Photo_61

                                                                                                                                                                                                                                                                                                           

                                          

                                            

                                           

                                          

   

                                                                                  Photo_50                                                 

                                            

                               

                               

                                   

                                

                                 

                                                       

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン                                       

監督:松岡錠司

原作:リリー・フランキー

脚本 :松尾スズキ

キャスト: オダギリジョー 、 樹木希林 、 内田也哉子 、 松たか子 、 小林薫

公開:2007年4月14日

STORY

1960年代、ボクが3歳の頃。真夜中に酔ったオトンはボクに焼き鳥の串を食わせ、オカンにホウキで殴られた。故郷の小倉で、3人が暮らした短くも幸せな日々の最後の思い出だった。1970年代。中3になったボクは、大分の美術高校に合格し、下宿生活をすることになった。駅まで見送りにきたオカンがボクに持たせたカバンには、しわくちゃの一万円札が入れてあった。列車の中、オカンのおにぎりを噛みしめ15歳のボクは泣いた。春になると東京には、日本の隅々から若い奴らが吸い集められてくる。暗闇の細いホースは、夢と未来へ続くトンネル。しかし、トンネルを抜けると、そこはゴミためだった…。東京タワー オカンとボクと、時々、オトン - goo 映画より

ランキング参加中です。ポチットご協力おねがいしますm(_ _)m

人気blogランキングへ←これにクリックお願いしますm(_ _)m                                                         

                                                 

評価(未鑑賞)

TVドラマも好調?なこの映画ですが。映画化される前から映画人の中ではかなりの期待がされていた作品のようです。しかし、個人的にはそんなに期待はしていないです。

当然原作を読んでいないのもありますが、第3者的にはこれ面白そう!っていう感じがしないきがしますね・・・。

しかし資料にもあるように、これは新しい国民的文学になるといった人がいるようですが、

ドラマを見る限りだとそんなに驚くほどおもしろいのかな?って気がしちゃいました・・・。

みなさんはどうおもいますか・・・?

関連商品はこちらから購入できます!

Music 「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」O.S.T

アーティスト:オリジナル・サウンドトラック
販売元:ワーナーミュージック・ジャパン
発売日:2007/03/07
Amazon.co.jpで詳細を確認する

DVD 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン

販売元:アミューズソフトエンタテインメント
発売日:2007/04/20
Amazon.co.jpで詳細を確認する

東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~  Book 東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~

著者:リリー・フランキー
販売元:扶桑社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月11日 (日)

蒼き狼地果て海尽きるまでを鑑賞

蒼き狼地果て海尽きるまでを鑑賞しましたのでご紹介。

Photo_36                                                                                                                                                                                                                                                                                                       

                                          

                                            

                                           

                                          

                                          

蒼き狼地果て海尽きるまで

監督:角川春樹

キャスト:反町隆史 菊川令 袴田吉彦 松山ケンイチ Ara(新人) 野村祐人 平山裕介 池松壮亮 保坂尚希 榎木孝明 津川雅彦 松方弘樹 

公開2007年3月3日

STORY

時は12世紀末から13世紀、今から800年前にモンゴル建国の英雄、チンギス・ハーンはアレキサンダー大王やナポレオンを始めとする歴史上の名だたるヒーローの誰にもできなかったことを成し遂げた。西はペルシャ湾から東は中国にいたる史上最大の帝国を築き上げたのだ。

一方一人の男としてチンギスハーンの生涯は多くの伝説と謎が残されている。みずからの出生の秘密にまつわる苦悩、生涯の友情を誓った友との対立と裏切り、略奪された妻と愛するが故の葛藤、そして同じ宿命を背負った息子への愛と憎しみ・・・語られることのなかった英雄の真実が今解き明かされる・・・。(チラシより)

                                                        

ランキング参加中です。ポチットご協力おねがいしますm(_ _)m

人気blogランキングへ←これにクリックお願いしますm(_ _)m 

                                                           

                                                      

評価・・・(30点満点) 総合評価 24点・・・(銅賞)

ストーリー 8点  キャスト・・・7点 映像・音楽・・・9点

この作品はすごくスケールの大きい作品で驚かされました。                                                 

男達の大和の反町隆史やデスノートの松山ケンイチなど記憶に新しい人気俳優たちが出ている最新作ですが、モンゴル建国800年記念作品です。

構想27年、制作費30億円も使っていただけあって、まず一に注目したのが、衣装にかなり気合が入っていたところ。

そこらの安っぽい映画のようなものではなく実際にあったもののようなつくりに私には見えました。それが制作費の高さを物語っているきがしました。

そしてなんといってもスケールの大きいところが、テムジン対ジャムカ戦の戦争シーン。

画面一帯に騎馬部隊が配備され、両群の激突がほとんどが実写であると聞きました。

そこの戦争シーンは必見だと思いました。そして、モンゴル民族の生き方という部分で女性は戦利品だとか、その時代のモンゴル独特の習慣や、生き方を学べました。

ただ、私は微妙にモンゴルの歴史を知っていたので、見ていて面白かったのですが、

知らない人が見たときは、なぜモンゴルの歴史を日本でやるんですかい?っていう疑問に尽きるとおもいました。

ただ、作品としては、30億円も賭けた甲斐があったのではないかと思いました。

公式サイト・・・http://www.aoki-ookami.com/

関連商品はこちらから購入できます。

蒼き狼 地果て海尽きるまで Music Collection(DVD付)  Music 蒼き狼 地果て海尽きるまで Music Collection(DVD付)

アーティスト:サントラ
販売元:エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
発売日:2007/02/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

蒼き狼 地果て海尽きるまで ナビゲート ~史上最大の帝国を築いた男 チンギス・ハーン~  DVD 蒼き狼 地果て海尽きるまで ナビゲート ~史上最大の帝国を築いた男 チンギス・ハーン~

販売元:エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
発売日:2007/02/16
Amazon.co.jpで詳細を確認する

蒼き狼地果て海尽きるまで  Book 蒼き狼地果て海尽きるまで

販売元:ケイ・アンド・ビー・パブリッシャーズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月10日 (土)

【新作情報】大帝の剣

今回はの阿部寛主演の最新作をご紹介します。

Photo_60                                                                                                                                                                                                                                                                                                      

                                          

                                            

                                           

                                          

                                          

                                        

                                                        

大帝の剣                                                        

監督:堤幸彦

キャスト:阿部寛  長谷川京子  宮藤官九郎  ほか

公開:2007年4月7日

STORY

時は徳川幕府が生まれて数十年後。源九郎は亡き祖父の「三種の神器を本来持つべき者に届けよ」という遺言を父から受け継ぎ、残り2つの神器を求めて旅を続けていた。その旅の途中、豊臣の血を引くがゆえに徳川から命を狙われる麗しき姫・舞に出会う。襲われる舞を救った成り行きで舞と彼女を守る真田の忍者・佐助と共に旅を続けることになった。旅を続けるうちに、不可解な言動を見せ始める舞。なんと、舞の体内にはオリハルコンを求めて地球にやってきた宇宙人ランが寄生していたのだ!更に、その様子を密に覗う謎の美剣士・牡丹もまた、オリハルコンを求めていた…。大帝の剣 - goo 映画

ランキング参加中です。ポチットご協力おねがいしますm(_ _)m

人気blogランキングへ←これにクリックお願いしますm(_ _)m                                                         

                                                 

評価(未鑑賞)

この作品は夢枕獏原作の映画化は大ヒット作『陰陽師』に続くもので、本作は既に刊行されている「大帝の剣」5巻のうち、初巻の映画化です。

個人的には結構微妙な気がします・・・。

中途半端な時代物っていう感じで、あまり見ようというきにさせられません。

そしてどろろに便乗しているようなきもします・・・。

それにしてもまたもや阿部寛が主演ということで、ノリにノッてますな・・・。

公式サイト・・・http://www.taitei.jp/

関連商品はこちらから購入できます。

Music 大帝の剣 オリジナルサウンドトラック

アーティスト:サントラ
販売元:東芝EMI
発売日:2007/04/04
Amazon.co.jpで詳細を確認する

DVD アナザーサイドオブ 大帝の剣

販売元:東映
発売日:2007/03/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

大帝の剣1 <天魔降臨編> <妖魔復活編> Book 大帝の剣1 <天魔降臨編> <妖魔復活編>

著者:夢枕 獏
販売元:エンターブレイン
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 9日 (金)

UDONを鑑賞

今回はUDONを鑑賞しました。

 

UDON スタンダード・エディション 

                                                     

UDON                                                                                                      

監督・・本広克行

キャスト・・・ ユースケ・サンタマリア 小西真奈美 トータス松本 鈴木京香 升毅 片桐仁(ラーメンズ)  要潤 小日向文世 木場勝己

STORY

「世界を笑わせてやる!」と一流コメディアンを夢見て単身NYに渡った松井香助が、返し切れないほどの借金を抱え、一度は捨てた故郷・香川に舞い戻ってくる。製麺所を営み、日々黙々とうどんを打ち続けるがんこ一徹な父親は「なにしに帰ってきた」とにべもない。それでも、親友・庄介の紹介でタウン情報誌「さぬき」に職を得た香助は、香川名物さぬきうどんのコラムを企画し、やがて空前のうどんブームが巻き起こるのだが…。UDON - goo 映画より

  
                                            

ランキング参加中です。ポチットご協力おねがいしますm(_ _)m

人気blogランキングへこれにクリックお願いしますm(_ _)m

                                                           

                                                        

評価・・・(30点満点) 総合評価 18

ストーリー 5点  キャスト・・・7点 映像・音楽・・・6点

この映画はなんか私的には微妙な作品でした。

なんだかかなりフジテレビっぽさがあって、それが逆に微妙さを生んでしまっている気がします。

ユースケ・サンタマリアの演技がかなり微妙でした。

というのも地元に帰ってくるとなれば方言のひとつでも出そうなものですが、ばっちり標準語だし、なんだか妙にテンションが高い気がしました。

それも「踊る大捜査線」シリーズを見ているからなのか、テンションの高いユースケが変な感じでした。

しかし、よく見ると出てくる出演者はさすがにフジだけあって結構豪華なもので、チョイ役でウンナンの南原清隆が出ていたりと面白い部分もありました。

後は、讃岐うどんですが、食べたことがある方はかなりの共感を得られる作品であるだろうとおもいました。

私は食べたことないので讃岐うどんのすばらしさはわからないですが、うどんは好きなので、ストーリー的には嫌いではありませんが、一度みれば十分かなっておもいました。

それにしても、うどんが無性に食べたくなってきましたね・・・。

                                                 

DVDや関連商品はこちらから購入できます!

UDON スタンダード・エディション DVD UDON スタンダード・エディション

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2007/03/07
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 7日 (水)

【新作情報】眉山 びざん

今回はの松嶋菜々子主演の最新作をご紹介します。

Photo_58                                                                                                                                                                                                                                                                                                     

                                          

                                            

                                           

                                          

                                          

                                        

                                                        

                                                        

眉山 びざん

監督:犬堂一心 原作:さだまさし

キャスト:松嶋菜々子 大沢たかお 宮本信子 ほか

公開:2007年5月12日

STORY

東京で旅行代理店に勤める咲子(松嶋菜々子)は、故郷の徳島で一人暮らす母、龍子(宮本信子)が入院したと聞いて、久しぶりに帰郷した。相変わらず気丈な母だったが、担当医よりその母が末期ガンだと知らされ咲子は愕然とする。

相談もなく自分一人で物事を決めてしまう身勝手な母、父のことを決して語らない母に、寂しさとわだかまりを抱えてきた咲子。そんな咲子は母を看病する中で、医師、寺澤(大沢たかお)とであう・・・。(チラシより)

ランキング参加中です。ポチットご協力おねがいしますm(_ _)m

人気blogランキングへ←これにクリックお願いしますm(_ _)m                                                         

                                                 

評価(未鑑賞)

この作品は原作が歌手のさだまさしと言うことで、本当に芸能人って何でもやる人がおおいいんだな~って思いますね。

主演には松嶋菜々子。共演者には大沢たかお、宮本信子などが出演しており、キャストはしっかりしたメンバーな気がします。

そして、家族、恋人、友人、そして故郷ーをより愛おしく思える映画、それがこの眉山なのだそうです。

関連商品はこちらからどうぞ↓

眉山 Book 眉山

著者:さだ まさし
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年3月 6日 (火)

【新作情報】蟲師

今回はのオダギリジョー主演の最新作をご紹介します。

Photo_57                                                                                                                                                                                                                                                                                                    

                                          

                                            

                                           

                                          

                                          

                                        

                                                        

蟲師

監督:大友克洋 

キャスト: オダギリジョー  蒼井優  江角マキコ  大森南朋

公開:2007年3月24日

STORY

100年前の日本では、ある日突然、耳が聞こえなくなったり、角が生えたりする奇妙な現象が起きる事があった。人々はそれを、目には見えない“蟲”の仕業と噂した。そして、その蟲の姿が見え、封じることが出来る者を蟲師と呼んだ。蟲師・ギンコは、筆で書いた文字で蟲を封じる足の悪い美しい娘、淡幽に会うため長い旅を続けていた。しかし、ある事件に巻き込まれ、ギンコ自身が蟲に冒されてしまい…。蟲師 - goo 映画より

ランキング参加中です。ポチットご協力おねがいしますm(_ _)m

人気blogランキングへ←これにクリックお願いしますm(_ _)m                                                         

                                                 

評価(未鑑賞)

この作品は漆原由紀原作の同名のコミックを、『AKIRA』『スチーム・ボーイ』の漫画界の鬼才、大友克洋が実写映画としてスクリーンに描いたものです。

大友克洋というとアニメしか浮かばないのですが、実写でどんな映画に仕上げているか楽しみな作品です。

この作品はジャンルがSFっていうことのようですが、日本の昔話的な物語感じでCGとかおおいいのでしょうかね~・・・。

個人的には結構興味のある作品です。

関連商品はこちらからどうぞ↓

蟲師 其ノ壱 DVD 蟲師 其ノ壱

販売元:エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
発売日:2006/01/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

蟲師 オリジナル・サウンドトラック 蟲音 前 Music 蟲師 オリジナル・サウンドトラック 蟲音 前

アーティスト:TVサントラ
販売元:マーベラスエンターテイメント
発売日:2006/03/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「蟲師」オリジナルサウンドトラック 第二弾 蟲音 後 Music 「蟲師」オリジナルサウンドトラック 第二弾 蟲音 後

アーティスト:TVサントラ
販売元:マーベラスエンターテイメント
発売日:2006/06/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年3月 5日 (月)

【新作情報】アンフェア the movie

今回はの篠原涼子主演の最新作をご紹介します。

Themovie                                                                                                                                                                                                                                                                                                   

                                          

                                            

                                           

                                          

                                          

                                        

                                                        

アンフェア the movie

監督:小林義則

キャスト:篠原涼子  椎名桔平  江口洋介  成宮寛貴  阿部サダヲ  濱田マリ  加藤ローサ  加藤雅也  大杉漣  寺島進

公開:2007年3月17日

STORY

雪平の娘が入院している病院がテロリストに占拠された!SAT隊にも屈しない頑強なテロリストたち。彼らの要求は「警察庁が機密費を不正流用してプールした裏金80億円を2時間以内に用意せよ!」というものだった。最大の人質は、来院中だった警察庁長官。裏金の存在を明らかにしたくない警察とテロリストのリーダー後藤の緻密に仕組まれた頭脳戦の攻防。テロリストの真の目的を探る公安部の斉木。そして、事件に巻き込まれた我が子を救い出そうとする雪平。命を賭けた最後の闘いが始まった…。アンフェア the movie - goo 映画より

ランキング参加中です。ポチットご協力おねがいしますm(_ _)m

人気blogランキングへ←これにクリックお願いしますm(_ _)m                                                         

                                                 

評価(未鑑賞)

2006年1月から、篠原涼子主演で連続ドラマとしてスタートするや、日本のドラマでは異例とも言える徹底したハードボイルド&サスペンス路線が受け、圧倒的な支持を受けた「アンフェア」。そして、今回2007年3月。ついにシリーズ完結編として『アンフェア・ザ・ムービー』が公開される。

この作品はドラマシリーズの番外編っていう感じなんでしょうかね。

原作を知らない私にとって、映画を見始めて話がわかるのだろうかって言う部分と、どうせなら「踊る大捜査線」のシリーズのほうが・・・。

って思う方もいらっしゃるのではないかと思います。

踊るの新作を本当は作りたいフジですが、何でも織田裕二と他の共演者がもめているようで、ぜんぜん話がすすまないっていうはなしのようです。

それならアンフェアで・・・っていうフジ側の思惑が見えました・・・w

でも、ドラマシリーズを見ていた方は楽しめる作品ではないでしょうか。

関連商品はこちらからどうぞ↓

Music 「アンフェア the movie」オリジナル・サウンドトラック

アーティスト:サントラ
販売元:ソニーミュージックエンタテインメント
発売日:2007/03/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (7)

2007年3月 4日 (日)

ワンピース・エピソードオブアラバスタを鑑賞

今回はワンピース・エピソードオブアラバスタを鑑賞しました。

 Photo_56                                                      

                                                   

                                                      

                                                     

                                                  

                                                              

                     

                                                                                                        ワンピース・エピソードオブアラバスタ

監督・・ 今村隆寛

キャスト・・・田中真弓  中井和哉  岡村明美  山口勝平  平田広明  大谷育江  山口由里子

STORY

グランドラインをアラバスタ王国に向かって突き進む、ゴーイング・メリー号。そこには、アラバスタ王国の王女ビビもいた砂漠の国といわれるアラバスタは、悪の秘密組結社の暗躍により崩壊の危機に直面。王女ビビは組織 の正体を暴くため、2年前に国を出たが、やがて諸悪の根源が、国の英雄・クロコダイルだと知る。そして今、ルフィらルフィ海賊団という心強い仲間を得たビビは、父親でもある国王コブラと国の人々を救うため、いざアラバスタへ! その頃アラバスタでは、クロコダイルの陰謀により、国王軍と反乱軍の全面戦争が始まろうとしていた…。劇場版ワンピース エピソード・オブ・アラバスタ 砂漠の王女と海賊たち - goo 映画より


  
                                            

ランキング参加中です。ポチットご協力おねがいしますm(_ _)m

人気blogランキングへこれにクリックお願いしますm(_ _)m

                                                           

                                                        

評価・・・(30点満点) 総合評価 15

ストーリー 4点  キャスト・・・5点 映像・音楽・・・6点

この作品はかなり微妙な感じでした。

というのも、原作のアニメと漫画に対して2時間ではこの作品を仕上げるのは無茶だとみて5分でわかりました。

かなりのシーンがカットされてしまい、無理やり2時間に押し込んだって言う仕上げ方でした。いうなれば作った時間とかかったお金がもったいないという感想ですね。

登場人物も全員知っているキャラで新たに出てくるキャラもいなければ、ストーリー自体は良いですが、先ほど述べたとおり、時間が足りないためにカットのし過ぎでガンガン話が飛んでしまっていました。

あ~もったいないなっていうのが正直なところでした。

                                                 

DVDや関連商品はこちらから購入できます!

Music 劇場版ワンピース 『エピソードオブアラバスタ 砂漠の王女と海賊たち』サウンドトラック

アーティスト:サントラ
販売元:エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
発売日:2007/03/07
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年3月 3日 (土)

ワールド・トレード・センターを鑑賞

今回はワールド・トレード・センターを鑑賞しました。

ワールド・トレード・センター スペシャル・コレクターズ・エディション                                                      

                                                   

                                                      

                                                     

                                                  

                                                              

                     

ワールド・トレード・センター

監督・・オリバー・ストーン

キャスト・・・ニコラス・ケイジ マイケル・ペーニャ  マギー・ギレンホール マリア・べロ スティーブン・ドーフ

STORY

2001年9月11日、午前8時40分過ぎ。ニューヨークのシンボルともいえる2つのタワー、世界貿易センター北棟にアメリカン11便が、南棟にユナイテッド175便が激突した。港湾局警察官(PAPD)のジョン・マクローリンとウィル・ヒメノは同僚と現場に急行、人命救助のためビル内部へと向かう。しかしその時、再び轟音が鳴り響き、ビル全体が崩壊を始める。奇跡的に生き残った2人だが、瓦礫の下敷きとなり身動きすら取れなくなっていた……。ワールド・トレード・センター - goo 映画より


  
                                            

ランキング参加中です。ポチットご協力おねがいしますm(_ _)m

人気blogランキングへこれにクリックお願いしますm(_ _)m

                                                           

                                                        

評価・・・(30点満点) 総合評価 23点・・・銅賞

ストーリー 8点  キャスト・・・8点 映像・音楽・・・7点

この作品は紹介通り感動できる作品でした。

2001年9月11日に本当に起こった実話を元に作られた映画ですが、

閉じ込められたり生き埋めになっている人を救助しにいったものの逆に閉じ込められてしまい、自分達が逆に救助を待たなければならなくなってしまうという、条件の中でこの作品では家族の愛を感じさせてくれる映画でした。

自分の家族が同じ状況下に置かれれば同じように同様するだろうし、自分が閉じ込められたらっておもったら改めていかに家族が大切なんだとおもいました。

そして、実話を元にしているだけにうそのないリアルな感じがしました。

出演者もニコラス・ケイジと有名所が出演しているのもいい感じだと思いました。                                                 

DVDや関連商品はこちらから購入できます!

ワールド・トレード・センター スペシャル・コレクターズ・エディション  DVD ワールド・トレード・センター スペシャル・コレクターズ・エディション

販売元:パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
発売日:2007/02/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2007年3月 2日 (金)

【新作続報】スパイダーマン3

今回はスパイダーマン3のチラシをゲットしたのでご紹介。

3

                                            

                                          

                                            

                                            

                                        

                                        

                                                           

                                                              

スパイダーマン3

詳しくはこちらからどうぞ・・・・最新ムービーをみる

チラシをみてようやく内容がわかってきました。

ブラックスパイダーマンになったことで、今までよりも強い力を身につけたものの、今まで感じることのなかった怒りを制御することができない・・。彼に何がおこったのか?っていうところが見所なきがします。

そして砂の怪物サンドマンは慕っていた叔父を殺した犯人のようで、スパイダーマンは復讐を誓う。

スパイダーマンを父の仇を信じ込む親友。といったようにいろいろな展開があるようです。

今から公開が楽しみです。

スパイダーマンの商品はコチラからどうぞ↓

スパイダーマン ツインパック DVD スパイダーマン ツインパック

販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日:2004/12/03
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ブログランキングに参加中です

人気blogランキングへ←これにクリックお願いしますm(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年3月 1日 (木)

【新作情報】龍が如く

今回はの北村一輝主演の最新作をご紹介します。

Photo_55                                                                                                                                                                                                                                                                                                   

                                          

                                            

                                           

                                          

                                          

                                        

                                                        

龍が如く

監督:三池崇史 

キャスト:北村一輝  岸谷五朗  塩谷瞬  サエコ  高岡早紀  哀川翔

公開:2007年3月3日

STORY

ネオン輝く不夜城・神室町に、1人の男が帰ってきた。かつて「堂島の龍」と呼ばれた極道・桐生一馬。彼はヤクザたちの襲撃をかわしつつ、犬を連れた少女・遥の母親・美月を捜していた。しかし美月が通っていたホストクラブのオーナー・一輝も彼女の行方を知らないという。その頃、極道組織・東城会の預金100億円が、何者かに引き出される事件が起こる。100億円の消失と桐生の出所は、瞬く間に神室町の裏社会に広がり…。龍が如く 劇場版 - goo 映画より

ランキング参加中です。ポチットご協力おねがいしますm(_ _)m

人気blogランキングへ←これにクリックお願いしますm(_ _)m                                                         

                                                 

評価(未鑑賞)

この作品はゲームの、「龍が如く」を映画化した作品です。

しかし、私の思うところこのゲームは知っている人があまりいない気がします・・・。

それに、主演が北村一輝っていうのはどうなんだろう・・・と正直思いました。おそらくゲームを経験したことがある人は面白いと感じるのではないかと思いますが、少なからずゲームをしたことがない人は見ようという気持ちにはならないのではないでしょうか・・・。

関連商品はこちらからどうぞ↓

龍が如く Play Station2 the Best Video Games 龍が如く Play Station2 the Best

販売元:セガ
発売日:2006/10/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »