« 幸せのちからを鑑賞 | トップページ | ダイ・ハード3を鑑賞 »

2007年1月29日 (月)

男たちの大和

今回は、男たちの大和を鑑賞したのでご紹介します。

男たちの大和 / YAMATO 

                                                

                                              

                                            

                                                

男たちの大和                                                   

監督・・・佐藤純彌

キャスト・・・反町隆史 中村獅童  仲代達矢  鈴木京香 、 松山ケンイチ ほか

STORY

ランキング参加中です。ポチットご協力おねがいしますm(_ _)m

人気blogランキングへこれにクリックお願いしますm(_ _)m

                                                           

                                                        

評価・・・(30点満点) 総合評価 20

ストーリー 7点  キャスト・・・8点 映像・音楽・・・5点 

ストーリーは、内田(中村獅童)の娘である鈴木京香が大和の沈んだところに向かうところから始まります。当然ながら実際の史実のお話の映画化なのでストーリーに文句はないですね。

しかしやはり映像化するには限界のある部分があったからなのか、当時の戦争の映像も多く混じっていました。そこの部分と実際の演技の部分のギャップを感じてしまいました。

ただ、中村獅童・反町隆史は良い演技でした。

厳しくもいい上官という感じで、ついていきます!っていう気にさせてくれる演技でよかったと思います。

なにより、当時の日本は15.6歳でも戦争に行かなければ行けないという事実。

いままでの似たような映画や、歴史の勉強で知ってはいましたが、実際にはこんなかんじだったんだと思うと、いかに戦争の悲惨さが伝わってきました。

現代の15.6歳はまったく知らない世界だと思います。

現代の若い人には見てもらいたい作品だろうと思いました。                                                           

DVDはこちらから購入できます!

男たちの大和 / YAMATO  DVD 男たちの大和 / YAMATO

販売元:東映
発売日:2006/08/04
Amazon.co.jpで詳細を確認する

昭和19年の春。特別年少兵として戦艦大和に乗り込んだ神尾たちは、憧れの大和を前にし目を輝かせていた。しかしその喜びも束の間、彼らを待ち受けていたのは厳しい訓練の日々だった。神尾たちは上官である森脇・内田の叱咤激励のもと訓練に励んでいたが、彼らの努力もむなしく、日本は日増しに敗戦の色を濃くしていた。そして翌年の4月。米軍が沖縄上陸作戦を開始したのを受け、大和は沖縄特攻の命を下される。男たちの大和/YAMATO - goo 映画より

|

« 幸せのちからを鑑賞 | トップページ | ダイ・ハード3を鑑賞 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172366/5108403

この記事へのトラックバック一覧です: 男たちの大和:

» 中村獅童さんが紹介した名水しるこ「きら」 [山田屋まんじゅう]
中村獅童さんが「とんねるずのみなさんのおかげでした」の食わず嫌い王で紹介したスイーツです。あんも甘すぎず程よい甘さで、お茶請けにぴったりです。 [続きを読む]

受信: 2007年1月30日 (火) 21時57分

» 「男たちの大和」 [『節道』(ぶしどう)CAST]
ずっと見ようと楽しみにしていた本作。 ちょうど、スカパー!の東映チャンネルで放映していたので、すかさずチェック! それほど映画を見ない弟が、わざわざ映画館に観に行って 号泣[:泣き顔:]したと言う話を聞き、 ストレス発散の為に「泣きたくなった時に観よう!」(笑)と決めていた。 がっ! しかし!! ... [続きを読む]

受信: 2007年2月 1日 (木) 16時58分

« 幸せのちからを鑑賞 | トップページ | ダイ・ハード3を鑑賞 »