« モンスターハウス | トップページ | マイアミ・バイス »

2006年12月28日 (木)

銀のエンゼル

今回は銀のエンゼル鑑賞しましたのでご紹介します。

銀のエンゼル

銀のエンゼル

監督・・・鈴井貴之 

キャスト・・小日向文世 佐藤めぐみ 山口もえ 浅田美代子 嶋田久作 大泉洋 西島秀俊 辻本祐樹 安田顕 佐藤重幸                                                       

STORY

北海道の田舎町。国道沿いにあるコンビニエンス・ストアのオーナー、北島昇一(小日向文世)は、妻で店長の佐和子(浅田美代子)に店もひとり娘の教育も任せ、気ままな毎日を送っていた。しかしそんなある日のこと、佐和子が突然の交通事故に遭い、全治3ヶ月の重傷を負って入院してしまう。妻の代わりに深夜のコンビニ勤務に就く羽目になった昇一の毎日は、がらりと変わってしまう・・・。銀のエンゼル(2004) - goo 映画より

ランキング参加中です。ポチットご協力おねがいしますm(_ _)m

人気blogランキングへ←これにクリックお願いしますm(_ _)m

                                                           

                                                        

評価・・・(30点満点)

ストーリー 7点

今までコンビニの経営、娘の教育を妻にまかせっきりだっただめな夫が

自分だけでやらなければならなくなっていき、娘とも向き合ってがんばる姿は

なにか共感が持てました。

キャスト・・・9点

北海道から生まれた人気番組「水曜どうでしょう」。

そのメンバーが出演しています。水曜どうでしょうをご存知の方はそれだけでも見ていて面白いと思います。なにより、監督の鈴井貴之がどんな映画をつくったのか?興味が尽きません。

主演の小日向文世はいいお父さんが演じられており、共感がもてる良い演技でした。

映像・音楽・・・6点

冬の北海道

今まであまり見たことがない私にとってこの舞台は実に新鮮でした。

広大な土地にローソンがぽつんと立っていますが、

それがまた、冬の北海道になにやらマッチしていました。

音楽は特別目立つところはなかったかと思います。

                                                           

総合評価 22点・・・銅賞(個人的評価)

この映画の舞台はローソンが舞台でした。

ローソンは個人的に昔バイトしていた場所でもあり、かなり親近感がありました。

そして。年頃娘と向きあう父親。

良くある話ですが、小日向文世がすごく似合っていました。

個人的には好きな映画です。

                                                        

                                                      

DVDはこちらから購入できます!

銀のエンゼル DVD 銀のエンゼル

販売元:ビデオメーカー
発売日:2005/09/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« モンスターハウス | トップページ | マイアミ・バイス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172366/4690219

この記事へのトラックバック一覧です: 銀のエンゼル:

» 質屋 銀蔵 [質屋 銀蔵]
突然のトラックバック申し訳ありません。質屋 銀蔵の情報を配信しています。宜しくお願い致します。 [続きを読む]

受信: 2006年12月29日 (金) 01時08分

» 質屋の活用法:質屋を利用しよう [質屋を利用しよう]
質屋が他の金融機関と異なるところは、品物を預けて、その品物の価値の範囲内でお金をお貸しする『質預け』にあります。『質預け』とは、期限内に質料(利息)と元金を支払えば、預けた品物が手元に戻ってくるシステムです。... [続きを読む]

受信: 2007年1月16日 (火) 00時28分

« モンスターハウス | トップページ | マイアミ・バイス »